・当社のみ!「保険付スカイダイビングパッケージ」好評販売中!! 90%以上のお客様に保険付をご利用いただいております。詳しくは、ココをクリック!
・無料YouTubeアップロード! 飛んだ直後にSNSにリンクを貼れます。詳しくは、ココをクリック!
スカイダイブハワイロゴ
・ハワイで最も伝統のある会社
・タンデムでは全米最大規模
・所有航空機 4機

・価格表
・お申し込み
arrow
保険付パッケージキャンペーン中!最大$20オフ!

arrow
ハワイ最高高度!!
酸素を付けて 20,000ftからジャンプ!(要予約。天候による中止もあります。)



パシフィックスカイダイビングセンターロゴ
・スカイダイブハワイの奥にある白いテントの会社。
・現地日本人スタッフ無し
・所有航空機2機
(現在、ケガをしたお客様に訴訟され、裁判中)

保険付パッケージは有りません。


・価格表
・お申し込み


スカイダイブカウアイロゴ
・唯一カウアイ島にある
・ファンジャンパーは飛べません
・所有航空機セスナC182


スカイダイブハワイ

保険付パッケージ!

パシフィックスカイダイビング

保険付は有りません

スカイダイブカウアイ

現在休止中


・スカイダイビングの保険
 ・よくあるご質問
スカイダイビングについて
お問い合わせ
リンク

 「スカイダイブハワイ」のご紹介
スカイダイブハワイはハワイで最も長い歴史を持つ老舗の会社です。常時10人以上のインストラクターがおり、約20分ごとに次々と飛行機が上がります。ワイキキからの送迎も日に3回あり、7:00前後、10:00前後、13:00前後(正確な時間は各ホテルにより異なります。)と選べます。 比較的天候が穏やかなのは朝早い時間です。
パラシュートは、ブッシュ元大統領も使用し、また米国大統領専用機にも搭載されているものと同じUPT社のシグマを使用しています。


                              小島よしおさんとふなっしーさん -->



   料金表はコチラをクリック!
小島よしお & ふなっしー
スカイダイブハワイ受付 スカイダイブハワイメアリー
誓約書を書く部屋。 受付のメアリーさんは日本語も
スコシ話す。
スカイダイブハワイランチワゴン 昼食はついていないが敷地内にランチワゴンがあり、ホットドックからスムーシーまで軽食を買うことができます。(いつもいるわけではありません)
カメラマンも常時待機しており、オプションとして空中撮影も可能です。ホールのコンピュータは自由に使えるので、飛び終わった後、動画や写真などをその場ですぐに確認できます。 スカイダイビングの撮影は、気圧や温度の急激な変化のため、器材トラブルも多いので、必ずその場で確認しよう。 スカイダイブハワイホール
マスターリガー(緊急用予備パラシュートをたたむ人)も常時おり、機材のメインテナンスも行き届いています。
DPRE(連邦航空局指定リガー試験官)もいますので、ここでリガーの資格も受験する事が出来ます。

「アナザースカイ」にて紹介されました。

岸本セシル フリーフォール
岸本セシル ハワイの空でフリーフォール

「世界!弾丸トラベラー」にて紹介されました。

佐々木希・岸本セシル 搭乗前の2ショット
佐々木希・岸本セシル 搭乗前の2ショット

レンタカーでお越しの方はこちらのリンクをご参照ください--> 地図

 スカイダイビングの流れ(通常6時間)
スカイダイブハワイ送迎バン
7: 00  /10:00 /13:00 ワイキキの各ホテルへお迎え
8: 30  /11:30 /14:30 スカイダイビングの飛行場に到着
スカイダイビングの講習・練習
10: 00  /13:00 /16:00 ハワイの大空からダイビング開始
12: 00  /15:00 /18:00 スカイダイビングの飛行場を出発
13: 00  /16:00 /19:00 ワイキキ地区ホテル到着
(天候等による遅延の無い場合)

 使用機材
スカイダイブハワイキャラバン
使用している飛行機はC-208、通称キャラバンで、スカイダビング用の飛行機としては最もポピュラーなものと言えます。エンジンだけは大型の物に換装してあり、ロケットのように上昇します。
パラシュート機材は、信頼性が高くアメリカ大統領専用機にも非常用として搭載されているUnited Parachute Technology社のシグマを使用しています。
Copyright c FREE FALL FACTORY LLC. 2009-2017 All Rights Reserved.